garden

設置基準を知ろう

スプリンクラーは初期消化をする上では有効な機器です。消防法により設置基準を設けられており、商業施設や介護施設等で義務付けられています。また、近年設置基準になっていない一般家庭においても普及し始めています。しかしながら、構造的な問題と費用の面で普及が懸念されている現状です。

変わる育ち具合

ハイビスカスとはアオイ目アオイ科の植物で、暖かい地域に生育していて、若い女性を中心として人気が高いです。この植物は夏頃に大きく成長をする植物なので、必要に応じて剪定等の管理をする事で、長く楽しむ事が出来るようになります。

芝生手入れの方法

芝生を健康に保つためには芝刈りや水やり、除草や肥料といった手入れが必要となります。芝刈りは芝が伸びきる前に定期的に行う必要があり、水やりは季節によって回数を変える必要があります。除草作業の基本は雑草抜きです。

草刈り機は正しく使う

刃やガソリン代を節約

草刈り機は購入代金だけでは済みません。刃も買わなくてはいけませんし、使えばガソリン代もかかってきます。しかし、刃やガソリン代は節約することが可能です。その方法を知っておけば、かなり得することになると思います。 では、草刈り機の刃とガソリン代を節約するにはどうすればいいのでしょうか。まず、切れ味が落ちた刃はすぐに交換しましょう。もったいないと考えて切れ味が悪くなっても使い続ける人がいますが、エンジンの回転数を上げることになります。当然、すぐにガソリンがなくなるので、ガソリン代がかさみます。 刃はこまめに交換しましょう。交換と言っても、新品の刃をたくさん買う必要はありません。使った刃を研磨すればいいのです。

体に負担をかけないように

草刈り機の刃やガソリン代を節約するのも大事ですが、体に負担がかからないようにするのも大事です。草刈り機を使えば楽と考える人がほとんどです。しかし、正しい使い方をしないといけません。 草刈り機を一生懸命振り回して使う人が多いですが、それだと逆に作業スピードは落ちます。また、振り回しているので余計な力を使うことになり、疲れやすくもなるでしょう。せっかく機械を使って楽をしようとしているのに、それでは使う意味がありません。 草刈り機はぶんぶん振り回さないようにしましょう。ゆったり大きく振ることが基本になります。周りからチンタラしているように見られるでしょうが、ゆったり大きく振る方が早く草を刈ることができるのです。